6月12日
晴れ夕方から曇り,北北東風弱い,最高気温28℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場26℃,湾内エリアやや湾奥25℃

 
今日はまずシュノーケリングのガイド・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん




夜はMHGマイホームグランドの略に潜りました。


狙いはもちろん「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種−2の孵化!

 
 
日没(19時20分)時の発眼卵とお父さん



前回(6月6日)は日没4分後と,かなり早めの時刻に孵化したんですが・・・

 

日没42分後まで見たものの(上画像)孵化せず 



ライトはあてず,撮影もできるだけ抑えて孵化を待ったんですが


日没4分後に孵化した前回よりは撮っていたので


ストロボの発光が孵化を抑制してしまったのかもしれません。


いままで孵化ウォッチした他のハゼで


このような場合,日没1時間前後頃に孵化したことがあるので


その時間帯まで見ていたかったんですが


DECOも出そうで


しかも油断して残タンを使っていて(汗)減圧できそうになかったので


やむを得ず日没42分後でイグジット。


6月13日
朝晴れのち曇り夕方から時々小雨,南南東風弱い,最高気温26℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃


昨夜孵化ウォッチを試みた


「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種−2のところへ早朝行ってみました。


日没42分以降に孵化したかの確認ですが


もし発眼卵が残っていたら


日の出前に孵化するかも,と早朝に行ったんですが・・・

 
 
日の出(5時25分汗)の1時間前(4時25分汗)に行ってみると


やはり昨夜の発眼卵はなし
(上画像赤点内が発眼卵があったところ)


発眼卵のまわりの


後から生まれた若い卵は残っていたので


昨夜の発眼卵は捕食されたりしたのではなく


日没42分以降から日の出前1時間までに孵化したようです。


今回の失敗を踏まえてまた機会があれば


ここでの孵化を見る撮るしたいところ。




6月14日からしばらくファンダイブのガイドで


写真は撮らず。で・・・