2月16日
曇り,北風やや強い,最高気温13℃(最低気温12℃)

やや湾奥
(波0.5m以下,うねりほとんどなし,水温:浅場 20℃,深場 19℃)

いつものやや湾奥ポイントで越冬するかどうか気になる生物の1つ,キミシグレカクレエビを主に見に行っきました。

が,残念ながらいなくなっていました・・・

「じゃあ あれはまだいるかな?」とキミシグレカクレエビの比較的近くにある赤いヤギの1種についている赤いカニダマシの1種を見てみると・・・

お!健在,良かった♪

大きめの個体に・・


小さめの個体も




この赤いカニダマシの1種

近くに棲むハゼの中から

下の2種をメモ撮りしました


通称ピンコ


「フォトリスト」のガラスハゼ属の1種2 





帰りの道々,

「マジでそろそろ求愛はじまってても良いはず」

アカホシイソハゼ

マイ通称・コジカアオイソハゼなどの

イソハゼ類をチェックしましたが・・・

良い感じの♂は結構いるものの

鳴かず飛ばず(=求愛せず)



やはり今年の寒さが

効いて繁殖開始が遅れ気味のようです。



イソハゼ類の求愛は見れませんでしたが

昨年秋以来久々に見る

イソハゼsp.がいました

「日本のハゼ」のイソハゼ属の1種-12



このイソハゼsp.を

ずーっとミドリハゼだと思っていたんですが

数ヶ月前に

研究者のTSさんから

「日本のハゼ」のイソハゼ属の1種-12

教えていただきました。



冬に見るのは確か初めてで,

ミニ収穫でした♪