9月30日
うす曇り夕方から時折雨,南東風強い,最高気温30℃(最低気温27℃)

タイドプール
(水温:32℃,ポイントリサーチ)

15号が今晩,奄美大島の西の東シナ海上を通過しています。20時ころ一時雨,風ともに強くなりましたが,いま(22時ころ)は治まっています。このまま無事通過してほしいところです。

さて,26日のログに載せたアデオオモンハゼ,その後も潮と海況が良い時を狙って何度か撮りに行きました♪ 

今日も行ってきましたが,なかなか思うように鰭全開&発色時をカメラにおさめられませんね〜(汗)
今日のアデオオモンハゼ

長時間撮っていると周りの魚もいろいろと目につきます。

刺される前に見つけてよかった(汗)サツマカサゴオニダルマオコゼ


サツマカサゴ(昨日撮影)と オニダルマオコゼ(数日前に撮影)
これらは私が危険なだけでなくアデオオモンハゼをいつパクリとやるか心配なので,隣のタイドプールへ退去していただきました。もうこないでね〜。

アデオオモンハゼを捕食する可能性がある肉食魚は,他にも結構いるんですが,それらの中で下のハクテンハタカスリカエルアンコウは,アデオオモンハゼを喰いそうでちょっと心配ながらも,はじめて見たのでうれしくもありました!♪
ハクテンハタとカスリカエルアンコウ
どちらもはじめてみました

肉食魚も危険ですが,アデオオモンハゼにとって当面の「目の上のこぶ」はスジブチスズメダイ
巣穴()から出るスジブチスズメダイ
このスジブチスズメダイ,巣穴内に卵があるようで非常に気が荒くなっていました。

アデオオモンハゼスジブチスズメダイの巣穴にそれほど近づくわけではないんですが,スジブチスズメダイは1メートルほど泳いできて,アデオオモンハゼを常に追い払うのでした。
スジブチスズメダイに追い払われる
アデオオモンハゼ(
上画像のスジブチスズメダイ,けっこうコワイ顔で追い払ってますよね〜笑。

このスジブチスズメダイを「隣のタイドプールへ退去」というわけにはさすがにいきませんが,スジブチスズメダイも繁殖期が終わればおとなしくなるだろうし,がんばって長期居ついてほしいところです。