2月26日
曇り,北風弱い,最高気温20℃

キッカサンゴ群落
(波:0.5m以下,うねりなし,透明度:こことしてはまずまず,水温:20℃,最深3m,ダイブタイム60分くらい,ポイントリサーチ)

先週末は久々のガイドでした。今日はガイドの際に見た,お!と思ったハゼ2種を撮ってきました。
まずはキッカサンゴ群落の浅場で,オヨギイソハゼ雄の発色個体
オヨギイソハゼ雄
今日のザ・発色くん
頬もきれいに青光り
湾奥春の風物詩が今年もようやく見れました。これから5月半ば(あるいは初夏)まで湾奥ポイントに通う楽しみが,今年も順当に1つ増えました♪

ちなみに上画像の個体を「今日のザ・発色くん」に選んだのは,鰭の発色だけでなく頬の青光りがなかなかポイント高かったからです。普通の発色雄はあそこまで頬は青光りしないような・・(例えば下画像=今日の発色雄別個体)
オヨギイソハゼ雄
今日のザ・発色次点くん
頬の青光りは普通はこのくらい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガイド中にお!と思ったもう1種のハゼは「日本のハゼ」のキララハゼ属の1種。はじめて見ました。
キララハゼ属の1種
このハゼがいたところは河口の汽水域。「日本のハゼ」の生息状況には「内湾の湾奥に生息する」と書いてありますが,河口の汽水域にも入ってくるんですね!