9月11日
晴れ一時曇り,南東風弱い,最高気温29℃

倉崎ビーチ
(波0.5m以下,うねりなし,透明度:まずまず,水温:全域27℃,エントリー14時30分,ダイブタイム104分,最深27m,ポイントリサーチ)

いろいろな宿主につくことが知られているセボシウミタケハゼ倉崎でもセボシウミタケハゼ葉状サンゴ,イタアナサンゴモドキ,ウミキノコそしてカイメンなどに付いているを見ています。そして先日のガイド中に「お〜こんなのにも付くんかあ〜」と思ってしまった新たなホストを発見!それをちょっと撮ってみました。
セボシウミタケハゼ
何に付いているんでしょうか?
さあこの背景,一体何だと思いますか?ちょっと不気味なようでオシャレのようでもあるこの柄,硬そうな,いや柔らかそうな?質感(私はまだ食べたことがないのでよくわかりません。あ,食べた人によるとかなり美味しいそうです。そういえば今日も近所のスーパーSでこのくらいのが3,500円くらいで売ってたなあ〜)。
ちなみにナマコでもヒトデでもタコでもイカでもないですよ。答えは・・・・こちら

みなさんも倉崎に来たらいろんな背景でセボシウミタケハゼを撮ってみてくださいね。